大物釣り師御用達 

「本結び」「外掛け結び」両用器 (PAT.)

スピード針むすび・太糸用    品番:SH-3R   \2,800

2個の磁石の吸着力・回転力を活用した「スピード針むすび・細糸用/標準用」は、驚くほどのスピードで「外掛け結び」が結べ、ベテランの方々からも高い評価をいただいておりますが、大物釣りファンの皆様からの強いご要望にお応えして、ナイロン30号糸で「本結び」と「外掛け結び」の両方が簡単に結べる「スピード針むすび・太糸用」が完成しました。

磯・船の大物釣りはもちろん、PEハリスを使った巨鯉釣りにも活用いただけます。

尚、「スピード針むすび・太糸用」は、硬質ナイロン糸を基準として、使用糸を30号位までとしておりますが、軟質ナイロン糸では40号近くまで使えますので、ぜひご活用ください。

『本結び』『外掛け結び』については、『豆知識』中の『4大結び』をご覧下さい。

注記:「スピード針むすび」3種類は、透明なハリスが良く見え、沢山の針結びでも 目が疲れないよう、ボディを
濃い配色に仕上げています。


スピード針むすび・太糸用
  • 『本結び』『外掛け結び』両用器
  • ハリス:ナイロン(フロロカーボン)4~30号位
    PE ハリス 4~10号前後まで、
    ※軟らかい糸ならもっと太い号数まで使えます
  • 針:耳(タタキ)付き、カン付き針 太さ1.2~3mm
  • セットした針が抜けないロック機構付き
  • プライヤー不要の増し締め機能(改良型)付き
  • 結びをずらせる針穴付き
  • 寸法:100×55×60mm
    重量:100g
    色 :黒

スピード針むすび太糸用裏面
クリックすると拡大します。
特長と性能について
「スピード針むすび・太糸用」で結ぶ「本結び」の特長・性能です。
使用説明書
PDFファイルです。
最新版のAdobeReaderが必要です。
動 画
ムービーを再生する(Windows Media)
[1Mbps][300Kbps][1Mbps Download]
YouTubeチャンネルでも上記動画をご覧になれます。

戻る

10秒にチャレンジ!

スピード最優先の外掛け結び専用器(PAT.)

スピード針むすび・細糸用    品番:SH‐1  \1,600
スピード針むすび・標準用    品番:SH-2  \1,980

  • 『仕掛け作りは楽しいけど、単純作業の針結びはヤダネ!』という釣り人にピッタリです。
  • 日本の4大結びの1つ外掛け結び専用で、糸を5つのマグネット間で回すと、かんたんに結べます。
  • 手順さえ覚えれば、1本10秒位(慣れると6~7秒)で結べますので、針結びが初めての方はもちろん、ベテランの方でも、たくさんの針を結ぶとき、手間と時間を大幅に短縮できます。
  • マクラ掛け(※)/孫針(連続)結びもかんたんです。
  • 磁石の間に糸を挟んで引っ張るだけで、完全な増し締めが出来ます。もう、糸を「歯で噛んで増し締めする」必要がありません!
  • 小型・軽量(標準用でもわずか25G)、サビる部品/消耗部品が一切有りませんので、長くご愛用いただけます。

      注記:「スピード針むすび」3種類は、透明なハリスが良く見え、沢山の針結びでも 目が疲れないよう、ボディを
      濃い配色に仕上げています。


スピード針むすび・細糸用

スピード針むすび・細糸用  品番:SH-1

  • 仕様:
    寸法:70×35×35mm
    重量:20g
    色 :ブルー
  • 性能:
    針  :タナゴ・ハエ・ヘラ・ヤマメ針など、小型針用ですが、
    太さ1mmの針まで結べます。
    ハリス:ナイロン(フロロカーボン)0.175 ~2号位までの使用を
    おすすめします(※)。
  • (※)
    形だけ結べても、実釣で使えなくて無意味です。0.175号の細糸でも、キズやチヂレが付かず、安心して使えます。

    磁石面に、細く切ったアルミテール(キッチンテープ)を貼れば、0.15号まで結べます。

    0.1号以下のハリスは、多少ヨレが残りますので、おすすめできません(手で結んでください)。


スピード針むすび・標準用

スピード針むすび・標準用  品番:SH-2

  • 仕様:
    寸法:70×40×35mm
    重量:25g
    色 :グリーン
  • 性能:
    針  :太さが2mmの針まで結べます。
    ハリス:ナイロン(フロロカーボン)0.8~8号位までの使用を
    おすすめします(※)。
  • (※)
    大型磁石の採用で、初めての方でも確実に結べます。

    糸の押さえが強いので、釣り場でも安定した能力を発揮します。

    柔らかいナイロンなら10号位まで使えます。


「外掛け結び」 以外の使い方:

  • 「マクラ掛け結び」にも使えます。
    クロダイのように、細いハリスで大物を狙う時、ハリスが針の耳と直接スレて切れないように、針のチモトの外側に1~2回巻付ける結びで、ベテランの必殺技です。
  • スピード針むすび・大物(太糸)用は「本結び」「外掛け結び」両用です。
    細糸用/標準用は「外掛け結び」専用として販売中ですが、「本結び」を結ぶこともできますので、ご興味のある方は下記「本結びの結び方」をご覧下さい。
図解説明書 図解説明書のPDFファイルです。
※最新版のAdobeReaderが必要です。
動画による使用説明
(WindowsMedia)

動画による使用説明です。
[1Mbps][300Kbps][1Mbps Download]

YouTubeチャンネルでも上記動画をご覧になれます。

本結びの結び方 細糸用・標準用による「本結び」の結び方です。

戻る

特長と性能について

  • ナイロン糸14号以上の針結びは、ベテランでも一筋縄ではいきません。それは・・・
    1. 糸が太くて硬い為、糸を針軸に巻き付けていくには、指先に強い力が必要です。
    2. 大物が掛かった時、針がスッポ抜けないように、強く締め込む必要があり、糸の端をプライヤー等で固定し、反対側を力一杯引っぱる必要があります。
      この増し締めは、力が要るだけでなく、とても危険な作業です。
    3. 太い糸では、数本結ぶだけでも、手や腕が痛くなりますが、キンメ鯛のように、1日分で100本近い針を準備する苦労は、大物釣りの楽しさを半減させてしまいます。
  • スピード針むすび・太糸用は、このような悩みを全て解決し、指先/腕の力が弱い女性の方でも、ナイロン糸30号でスピーディに針結びができます。

    しかも、ナイロン糸30号でも、両手で糸を引っぱるだけで(プライヤー不要)完全な増し締めが出来る『本結び』と、今まで、大物釣りに多用された『外掛け結び』を、どちらでも、お好みで結べます。

    30号ナイロンで結びに必要な参考時間(増し締め除く)
    外掛け結び: 10秒前後
    本結び: 20秒前後
  • スピード針むすび・太糸用には、後部に『増し締め機能』が付いていますので、安全かつスピーディに仕上がります。(プライヤー不要)
  • 針の直径が『3mm』迄の、耳(タタキ)付針、カン付針が両方とも結べます。結びの後、カン(環)の中に糸を通し、強力なネムリを加える事もできます。

    参考使用針: 耳付-ムツ針/ヒラマサ針/グレ針/チヌ針/マダイ針/カン付-イシダイ針/ムロ(泳がせ)針/クエ針

  • 『外掛け結び』で『マクラ掛け』もかんたんです。
    また、『本結び』『外掛け結び』で『孫針(連続)結び』も可能です。

    『スピード針むすび・太糸用』は『本結び』『外掛け結び』の両方を結べますが、『本結び』の結束力は4大結びの中でも群を抜いて強いため、ナイロン糸10号以上では『本結び』の使用をおすすめします。

    弊社で、ナイロン糸30号を使い、『スピード針むすび・太糸用』で『結び/増し締め』をした『本結び』と『外掛け結び』の、結束力の比較実験(針を固定して引っぱる)で、下記の顕著な結果が得られています。


    『 本 結 び 』:結び部分がかなり移動しましたが、スッポ抜ける前に糸が中央で破断しました。
    『 外 掛 け 結 び 』:結び部分が大きく移動を始め、糸が破断する前に結び部分がスッポ抜けました。

戻る