クランプ部品不要 (PAT.)

早合わせ&送り込み

回転翼(PAT)の作動で、2通りの外し方を実現

スピード・ホルダー3 スタンダードタイプ 品番:SPH-300S \6,500
スピード・ホルダー3 ロングタイプ    品番:SPH-300L \7,500


強化型アルミ台座 スアンダードタイプ(最大取付幅 8cm) 品番:AD-3S \2,400
強化型アルミ台座 ロングタイプ(最大取付幅 16cm)    品番:AD-3L \3,400

  • スピーディーなアクションで、ベテランの皆様から好評をいただいている「スピード・ホルダー」シリーズに、強化型アルミ台座付き、オモリ負荷15~100号のライトタックル向け「スピード・ホルダー3」が加わりました。
  • 竿に「クランプ部品」を取り付けませんので、軽量ライトタックルの醍醐味を100%お楽しみいただけます。
  • 素早い当たりは、竿を上げて合わせると、自動的に回転翼が開いて、竿が竿掛けから外れます。
  • デリケートな当たりには、親指で回転翼を押し開き、竿先を動かさずに竿を外せます。
  • ライトタックルはもとより、ひとつテンヤマダイ、マゴチ、カレイ、メバル、キス、ハゼ など、波の静かな海(※)で、中小物釣りにお使いをいただくと、最高の性能を発揮します。

     ※実際、北海道の内浦湾・函館湾 / 東北の松島湾 / 関東の東京湾 / 近畿の伊勢湾 / 瀬戸内海 / 九州の
     鹿児島湾 などで、多くの方々にご愛用をいただいております。


スピード・ホルダー3スタンダードタイプ
スタンダードタイプ
  • グリップ部の直径が30mm以下なら、グリップの材質を問わず、全ての竿で使えます。
  • 使用範囲:
    オモリ15~100号位までの釣りで、釣りのスタイルによる安全性を考慮の上でお使いください。
    特に、ライトタックル使用の中小物釣りにおすすめします。
  • 仕 様:
    本 体:ガラス繊維入りナイロン樹脂
    台 座:強化型アルミ台座付き(表面防錆処理済)
    他部品:全てステンレススチール
    最大取付幅:
    スタンダードタイプ   8cm
    ロングタイプ     16cm
    収納時寸法・重量:
    スタンダードタイプ 19×10.5×7cm/570g
    ロングタイプ    26×11×7cm/650g
  • 機 能:
    ★ 瞬間装着
    ★ 2通りの外し方
    ★ ローター部による竿休め
    ★ 輪ゴム取付けによる竿下押さえ
    ★ スピニングリール・両軸リール両用
    ★ 縦位置、横位置取付け変換可
    ★ 台座回転方式によるコンパクト収納
スピード・ホルダー3ロングタイプ
ロングタイプ
  • 使用上の注意:
    ★ アルミ台座はなるべく縦位置で取り付けてください。
    ★ 竿には必ず尻手ロープを付け、ホルダーの台座のボルトなどにつないでください。
    ★ 高さ&取付幅調節は、アルミ台座と船べりの間に適当な厚さの木片を挟んでください。
    ★ 使用後は必ず水洗いして、よく拭いてから保管してください。
    ★ 台座のネジ部には、時々注油をしてください。
スピードホルダーの特徴 スピード・ホルダーが良く判ります。
動画による使用説明
WindowsMedia

本製品の利用方法が動画でご覧になれます。
[1Mbps][300Kbps][1Mbps Download]

YouTubeチャンネルでも上記動画をご覧になれます。


強化型アルミ台座(スタンダードタイプ・ロングタイプ)について

スタンダードタイプ台座
スタンダードタイプ
(左が強化型台座)
  • 「スピード・ホルダー3」の強化型アルミ台座は、個別に追加購入をしていただくことも出来ます。

    樹脂部本体1個に、スタンダードタイプとロングタイプの2種類の台座を揃えていただくと、使用範囲が大きく広がります。

    つまり、都市周辺の遊漁船は、最大取付幅8cmのスタンダードタイプで十分なのですが、地方の漁船では、最大取付幅16cmが必要になる為です。

  • また、強化型アルミ台座2種類は、「旧スピード・ホルダー」や「旧スピード・ホルダー2」にも使えますので、旧タイプをお使いの場合でも、強化型アルミ台座だけをご購入いただくと、オモリ負荷を大幅にアップできます。

ロングタイプ台座

ロングタイプ
(左が強化型台座)

改良箇所

スピード・ホルダー2から改良されています。

改良箇所1 改良箇所2
連結ナットを完全埋め込み成型 更にワイドになった両軸リール受け部

戻る

スピード・ホルダーの特徴

中小物竿は、片手操作が基本ですので、手尻(リールより下の部分)を短くしてあります。

レバー・ロック式の竿掛けは、竿の手尻部分にロック部品を取り付けることから、手尻が短い中小物竿ではとても使いづらく、昔からある簡易型竿掛けが使われています。

簡易型竿掛けは、手尻部分を半円形部品に掛けて止めるため、以下のような弱点があります。

  • 大きな当りが有り急いで合せる場合、大きな肘当てでは、手尻部分が半円形部品からスムーズに抜けず、合せた後で半円形部品から竿を外す操作が必要です。
  • 前あたりや微妙な当り来て、魚に違和感を与えないように、竿先を送り込みたいと思う時、竿を半円形部品から外そうとすると、気持ちとは逆に、竿先が上側に動いてしまい、魚に違和感を与えてしまいます。
  • 手尻部分を半円形部品に掛けてあるだけですので、船が揺れたり、他の竿が当ったりすると、竿が半円形部品から外れたり、海中に落ちてしまったりします。
  • 竿を竿掛けにセットする時、竿を回しながら半円形部品に掛けねばならず、竿先が上下左右にブレて時間が掛かります

このように、簡易型竿掛けは、釣りの動作や竿さばきとは無関係に、竿を保持できるだけの単純な道具として作られてきましたので、我慢をしながら使う必要がありました。

スピード・ホルダーは、左右2つの特殊形状ローターの作動により、釣り人の意思通りに竿を着脱させることで、手持ち状態に近い、理想の竿さばきを可能にしました。

  • 竿のセット:
    1. 竿を竿掛けにセットした状態から、瞬時に合わせを行うことができ、合わせと同時に、自動的に(角度が45度前後になるとローターが開きます)、竿が竿掛けから外れます。
    2. 竿先を全く動かさずに、竿を外せます。
    3. 竿先を送り込みながら、竿を外せます。
  • ロータリー部だけを使うと、簡易的な「竿休め」になります。
    又、先端の竿受部を回転させて真上の位置にすると、竿受部が本格的な「竿休め」に、
    又、ローター部が「オモリ置き」に変身します。

以上のように、スピード・ホルダーは、早い手返しが必要な数釣りから、微妙な当りに慎重な竿操作が必要な大型狙いにまで、幅広く活用できます。

戻る

軽いタッチの横軸ローターで、デリケートな竿さばき!

オモリ負荷60号位までの中小物釣りにおすすめします。

スピード・ホルダーES 江戸前スペシャル SPH-150ES \4,750

キス、カレイ、マゴチ釣りなどで、置竿や2本竿の時、素早い当りや、微妙な当りに対応できずに、悔しい思いをしたことがありませんか?

スピード・ホルダーESは、新開発のロータリー方式により、異なる3通りの外し方を実現することで、釣り人の意思通り、デリケートに竿を操作することを可能としました。

スピードホルダーESで、悔しかった思いにリベンジしてください。


スピード・ホルダーES江戸前スペシャル
強化型アルミ台座付き
  • 使用竿:
    カーボン・グラス・竹・木・糸巻仕上など、グリップ部の表面が「硬い材質」の竿でお使いいただくと、軽いタッチで最高の性能を発揮します。
    グリップ部の直径が25mmまで使えます。
  • 使用範囲:
    竿長2m前後、オモリ60号まで、ハリス3号前後を目安としてください。
  • 対象魚例:
    ハゼ、キス、メバル、アイナメ、カレイ、マゴチなど
  • 仕 様:
    本体:ガラス繊維入りナイロン樹脂
    台座:強化型アルミ台座(表面防錆処理済)
    他部品:全てステンレス・スチール
    台座取付幅:10~80mm
    重量:約540g
  • 機 能:
    瞬間装着
    3通りの竿外し(瞬間・静止・送り込み)
    ローター部による竿休め
    輪ゴム取りつけによる竿下押さえ
    スピニングリール、両軸リール共用
    タテ位置、ヨコ位置の取り付け変換
    台座回転式によるコンパクト収納
スタンダードタイプ台座
左が強化型アルミ台座

使用上の注意:

  • オモリの号数表示は、竿を竿掛けにセットした状態で、魚の引きが加わった場合を想定し、安全を考慮して60号前後としております。
  • アルミ台座は、なるべく縦位置で取り付けてください。
  • 竿には必ず尻手ロープを付け、ホルダー台座のボルトにつないでください。
  • 使用後は、必ず水洗いをして、水気をよく拭いてから保管してください。
    特に、アルミ台座のネジ部に海水がついたまま放置すると、アルミ側のネジにサビが発生し、ボルトが回らなくなることがありますので、ご注意ください。
  • アルミ台座のネジ部には時々注油してください。
  • グリップ部がラバーやEVAなど、軟らかい材質で装飾をされ、軟らかい材質がローターに当る竿は、ローターの自動開閉を妨げますので、本機での使用はおすすめできません。この様な竿の場合、「スピード・ホルダー3」をおすすめします。
    尚、竿掛け用として、EVAなどがセパレートに装飾され、EVAの無い硬い部分がローター部で保持できる場合は、快適にご使用をいただけます。

スピードホルダーの特徴 スピード・ホルダーが良く判ります。
動画による使用説明
WindowsMedia

本製品の利用方法が動画でご覧になれます。
[1Mbps][300Kbps][1Mbps Download]

YouTubeチャンネルでも上記動画をご覧になれます。

戻る