巻き付け長さの目安

PEラインが「半透明のアメ色」に変化し、リーダーに固く喰込んで巻付いた「PRノット」は、手で強固に締め込んだMIDノットやFGノットと同様、密巻数30回(※)で十分な強度を発揮します。

(※:PRノットの密巻数30回は、FGノットの左右15回編込みと同じ長さになります)

ただ、ボビンの回転により、巻付け自体は短時間に終わることから、巻付け部の長さが変わっても、特に手間は増えませんので、大型魚と長時間のファイトが予想される時など、キャスティングに支障が出ない範囲で、長目にする事をおすすめします。

●キャスティング用ショート・ノット
約30回巻付けると下記の長さになります。
PE0.4号なら0.5cm、PE1号なら0.8cm
PE2号なら1.2cm、PE4号なら1.5cm

●スタンダード・ノット
迷った時は、ライン号数にcmを付けた長さをおすすめします。

●ジギング用ロング・ノット
ライン号数の1.5倍にcmをつけた長さ
PE4号なら6cm、PE6号なら9cm

強いテンションを掛けるほど、強いノットが出来ますので、慣れてきたら、細いPEライン以外はスタンダードウエイト(約85g)でのご使用をお勧めします。

戻る