細糸用・標準用の「本結び」の結び方

現在の「スピード針むすび・細糸/標準用」は、「外掛け結び」専用として設計しており、「本結び/外掛け結び」両用の「スピード針むすび・太糸用」とは、ボディーの構造が多少違います。

ただし、「太糸用」の図解説明書をご覧いただきならが、「本結び」の手順をご理解いただくと、「細糸/標準用」でもかんたんに「本結び」を結ぶことができますので、ぜひご活用下さい。

尚、「本結び」に係わる、「細糸/標準用」と「太糸用」の構造の違いは、下記の3ヶ所です。

部 品 名 細糸用/標準用 太糸用 目  的
糸溝 無し 有り ヨレの除去
ヨレ除去ボタン 無し 有り ヨレ(キンク)の除去
スライド部 無し 有り 糸の輪を針まで誘導

構造の違いから発生する、下記の説明をご覧いただきながら、「本結び」 の説明書 1~9に添って進んでください。

  1. 糸をセット
    糸をセット 「細糸/標準用」には、「糸溝」「ヨレ除去ボタン」が有りませんので、ゴムリングの後ろあたりに大きな輪をつくり、親指で糸を押えてください。
  2. 「本結び」説明書と同じ操作です。
  3. 「本結び」説明書と同じ操作です。
  4. 「本結び」説明書と同じ操作です。
  5. 「本結び」説明書と同じ操作です。
  6. ヨレの除去
    ヨレの除去 「ヨレ除去ボタン」が有りませんので、前の糸を引く時、輪を押さえている親指で糸をしっかり押さえ、糸が親指の下を通過する時にヨレを取るようにしてください ・・・ 細糸/標準用では、使用糸はナイロン8号以下ですので、ヨレがコブ状になることは少なく、親指の押えだけで、大部分のヨレが除去されます。
  7. 前の糸を引く
    前の糸を引く1 スライド部が有りませんので、前の糸を引くと、最後は、後ろ側の磁石が入っている楕円形のプラスチック枠に巻き付いた状態で止まってしまいます。
    前の糸を引く2 糸が止まったら、一度、引いていた糸から手を放し、輪になって止まった糸を指先で手前側に滑らせ、糸を楕円形のプラスチック枠の端までずらしてください。
    再び、前の糸を引いてください。
  8. 「本結び」説明書と同じ操作です。
  9. 「本結び」説明書と同じ操作です。

戻る