喰い渋り時の必殺技公開

  • スーパーウイングは、実際に目で効果が確認できる<超遠投が可能な事>や、<早い浮き上がりを得られる事>が、高い評価をいただいて居りますが、実は、目に見えない海底でも、素晴らしい効果を発揮しているのです。
  • 原形のままのスーパーウイング付きテンビンは、仕掛けをさびいている最中、テンビンアームが一定の角度内で左右に揺れながらも、アーム自体は絶対に海底に触れません。
  • 何も付けないテンビンアームは、さびきの最中、アームが倒れたまま引かれ、時々、ヨブ等でアームが反対側まで反転しますが、反転時間が短いため、長い仕掛けを浮かせる事は出来ません・・・アームが立ち易いと宣伝される扁平型オモリ付テンビンも、反転の回数が増えるだけで、アームを立ててさびく事はできません。

    この状態は、波打ち際の砂浜で、スーパーウイング付きテンビンと、何も付けないテンビンを実際に引いていただくと目で分かります。

    つまり、スーパーウイングを付きのテンビンだけが、さびきの最中、確実に仕掛けを海底から浮き上がらせ、スーパーウイング無しのテンビンでは、仕掛けは海底を引かれるだけになってしまいます。

  • 具体的には、仕掛けの先針から20~30cmの所に小型ガン玉(径2mm前後)や小型ヨリモドシを付けます。

    ガン玉やヨリモドシの重さは、仕掛けの太さ・潮流の有無などで、調節が必要ですが、要は、さびきの最中は浮き上がり、さびきを止めるとエサがユラユラ海底に沈む重さが必要です。

    釣り方は単純で、30cm~1m位仕掛けを引くとエサが浮き上がり、急に止めると、ユラユラと海底まで沈みます・・・この途中/前後に当りが出る事が多く、数秒待っても当りが出なければ、又、仕掛けを引いて止める事を繰り返します。

必殺技画像う

仕掛けの上下幅は、テンビンの高さの範囲ですが、潮止り/水温の変化等で、魚が喰い渋る時にはこの誘いが効果的です。

  • 尚、この方法は、短いさびき距離でも、仕掛けの先針が確実に浮き上がる事が大切で、全長が短い仕掛け(最長でも2m位)で最大の効果を発揮します。

戻る